【テレビを捨てろ】人生を豊かにする情報とは?資本主義社会の本質と、現代を生き抜くメソッド

【テレビを捨てろ】人生を豊かにする情報とは?資本主義社会の本質と、現代を生き抜くメソッド MUPカレッジ

日本人はね、
資本主義社会を理解してない

 

資本主義社会について
どっかの動画メディアで読んだんだけど、

microsoft の人が話しててね、
ニューヨークタイムズってあるじゃん?
あの新聞のね?

 

ニューヨークタイムズの1日分の情報って、
18世紀の人の一生分の情報なのよ。

 

だから言っちゃえば、
今の俺ら日本人がスマホとかで
触れる情報ってあるじゃん。

情報の量ね。

 

その情報の量って、
平安時代の人達が
一生分かかって取る情報を
俺らは1日でとってる時代なのよ。

 

ただ俺はそれを聞いて
ぶっちゃけ思ったのは、

考えてみて、
平安時代の日本人とね
今の日本人って、

体のサイズは
多少かわりあるかもしれないけども
脳のサイズが変わってるかな?

 

変わってないよね。

 

別にありんこなわけじゃないよね。

普通に俺らって
今の同じ脳の大きさだよね。

 

だから
別に脳のサイズは変わってねーと。

 

じゃあ
何が変わったんだ。って言うと、
これが情報のスピードなんですよ。

 

情報のスピードが
とにかく変わってきた

それにもかかわらず、
この令和の時代において

令和時代なのに
平安時代の情報の取得スピードを
やってる奴が多すぎるの。

 

だから、
みんなが取る情報って

誰かが浮気したとかさ、
誰かが離婚したとか

そういう芸能人の
裏のお付き合い話とかさ。

 

そんなことばっかり言ってるでしょ?

 

それお前の人生に
なんか関係あるのかって言ったら
ぶっちゃけそこまで関係ないよね。

 

だからこの資本主義で
一番やらないといけないのは

自分の人生を
豊かにする情報っていうのはなんなんだ
っていうその情報の見極めを
しっかりとしていかないといけないんですよ。

 

だからテレビは
捨てろって言ってんの。

テレビというのは一方通行で
自分が取得したい情報じゃないから。

 

インターネットでWEBを開いて
自分で検索をすればGoogle様が
自分の知りたい情報を見してくれるわけよ。

 

取りに行く時代なんだと。
情報を受ける時代じゃねんだと。

 

誰かが浮気したとかね、
誰かが離婚したとか
誰かが結婚したとか
ぶっちゃけどうでもいいんだと。

 

お前の人生
それでなんか変わるのか?
って言ったら、
何も変わんねえんだと。

お前が変わると思ってるだけで
何も変わんねえんだと。

 

そういう資本主義の本質を
マジで分かってない奴が多い。

 

で、情報を見極めたら
次やんないといけないのは、

情報を見極めて
その情報に触れることを
継続していかないといけない。

 

なんでかっていうと、
世の中にある90%の情報というのは
ここ過去2年間できているの。

 

今に至るまでに、
オンラインブームがきて、
オンラインにすーっごい量の情報が
たまってきました。

 

このたまってきた情報の9割は
過去2年間のもの。

 

だから逆に、
今後2年間はそれも90%なの。

 

こんだけ情報が
ボンボンと増えている時代なのよ。

 

ゼタバイトってあのわかる?
kb とか mb とかのやつ。

 

今って、
35ゼタバイトっていう
意味のわかんない量の情報が
オンライン上にあるわけですよ。

 

で、その情報の9割は
2年間でできてるわけ。

 

今後の2年間もそうですと。
情報っていうのは日々進化しますと。

 

時代が進化するように
情報というのは進化しますと。

その進化に
1秒でも遅れちゃいけない。

 

しっかりと
ついていかないといけない。

 

こんだけ世界中の情報があるのに
これに触れないっていうのは
もうバカでしかない。

カスでしかない。

 

これは助けようのない
頭のおかしい奴らですよと。

 

そいつらと同じフィールドに
行っちゃいけない。

そいつらは
違うフィールドにいるわけだから。

 

そいつらと
いつまでも同じフィールドにいるから
お前もずっとバカなんだ、
カスなんだ。

っていうことを
まず自覚しないといけない。

 

おれ結構言葉はきついけど、

でも俺自体が
別にそんな有名人でもないし、
家はお金持ちだったけど
そんなお金持ちでもない。

どっちかというと
別に普通の生活をしてた人間。

 

そこからじゃあ
どういうふうに
今に至るまでになったかっていうのは、

やっぱり情報に触れた量
っていうのがしっかりと多かった。

これだけ。

 

だからとにかく
情報に触れないといけない。

 

情報に触れてない奴
ってのはシカトしておいたほうがいい。

そいつらは
ずっと遅れてるから。

平安時代の人間だから。

 

平安時代の人間がね、
令和時代の俺らに
ついてこれるわけないんだよ。

 

わかる?
赤ちゃんと
話してるようなもんだから。

 

だからそいつらに本気になって
相手しちゃいけないと。

 

そういう奴に限ってね
口が達者なんですよ。

すげー口だけが達者。

 

何がないんだとか、
国が悪いんだとか、
会社が悪いんだ、
友達が悪いんだ、
周りが悪いんだ。

すべて他責。

 

この資本主義社会の本質っていうのは
行動した奴が勝つの。

 

本当にそれだけなのよ。

 

アイディアとかは価値がない。
情報も価値がない。

 

情報を外に
アウトプットする・発信することに
価値がある。

 

お金をみんな稼ごうと
し過ぎなのよこの資本主義社会で。

 

まずはもちろん資本主義だから
お金を稼ぐというところは
正しいんだけども、

一番やんないといけないのは
お金を稼ぐことをしなくていい。

 

お金を稼ごうとしないで
まずは信頼を稼がないといけない。

 

信頼を稼ぐためには、

自分がいくら
俺はすごい人間だ。
って自分で言ったって
信頼なんてつくわけないよね。

 

じゃあなんで
こうやって信頼がつくかというと、

俺がすごい人間っていうのを
他者が言ってくれてるからなんだよね。

 

何万人が言ってくれてるじゃないですか。

それが信頼に代わっているわけ。

 

だから
お金を集めようとしないで
まずは信頼を集める。

信頼を集めるには
まずは人を集める。

人を集めるには
人がいつでも集まってくる所へ行く。

つまりこれが情報なんですよ。

 

情報を発信する。
情報集めて発信する。

 

このサイクルを理解しない限りは
この資本主義で生きて行けるわけない。

 

いきなりお金集めようとしても、
信頼のないお前に
誰も払うわけないじゃん。

 

お金っていうのは

自分が与えたものに対して
感謝だったりとか
信頼の引換券なのよ。

わかる?

 

その引換券をもらうに当たって
信頼がないと絶対もらえないですよと。

 

じゃあ、

その信頼という
さっきのサイクルの繰り返し、
これが資本主義サイクルだよ。

 

俺の考えてるね。

 

でも多分ねこれは正しい。

 

どんな経営者を見てても
しっかりと信頼がある。

 

信頼がある人っていうのは
人が集まってるから。

 

人が集まりるのには
それなりの情報っていうのを
外部に発信している。

 

だからそのためには、
とにかく何回も言うけども、
資本主義社会っていうのを
まずは理解する。

 

資本主義って言うのが
いけないかもしれない、

情報主義社会というのを
まずは理解して、
日々の生活をやっていかないといけない。

 

とにかく日経平均ぐらい読めと。

 

ニュースピックスのタイトルぐらい読めと。

 

10分でできるじゃんそんなの。

 

それもやろうとしない
やつがいるから、

離婚だのなんだの
意味の分からないニュースばっか
目を向けてる。

そいつらはずっと
平安時代のままなんだ。
って言うこと。

もうすぐ
作物耕し始めるからねそいつら笑

 

知らんけど笑

 

それでいうと
農家も自分の手でやろうとするのよ。

 

こんだけITが盛んな時代で。

 

もうそういうのは
どうでもいいと。

何やっても成功しないから。

 

とにかく
皆さんが
成功したいのであれば、

情報に触れなさい、
情報を発信しなさい。

 

そしたら人が集まってきます。

人が集まってきたら
信頼が集まってきます。

信頼が集まったら
お金は勝手に入ってきます。

 

こうやって俺が
バーッて説明できるのは
ちゃんと頭で理解してるからなのよ。

 

情報を発信するほど
人が集まるって。

 

これをまずは
やっていかないといけない。

 

俺は信頼を集めようとしてない。
お金も集めようとしてない。

 

ただ情報を発信してるだけ。

 

人を集めようとしてない。
勝手に集まってくる。

 

だから
集めようとしてはいけない。

集まってくるってことだよね。

自分が何かやれば。
そういうことですよ。

 

これまた高いでしょうIPTが。
インフォメーションコンパータイムがね笑

こんな凝縮されて
良い情報はほかに無いんだから
しっかりと学びなさい。

 

ではさよなら!

≪ 講師のSNS〔フォロー必須〕 ≫

竹花貴騎先生

※タップして反応が無いアイコンは、先生が利用されていないSNSです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました