営業向きの性格・資質ベスト5

営業向きの性格・資質ベスト5 全ての記事

マナブくん
皆さん、こんにちは!
ここ3カ月で、すこぶる物欲が無くなってきたマナブです!🐇
【本記事の学習方法】
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
1.記事を最後まで読む。(見て学習)

2.≪参照元の動画≫を見る。(聴いて学習)

3.≪参照人プロフィール欄≫より、
SNS・YouTube等をフォロー。

4.別の記事を見る。

5.以上。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
本日の講師は、
野村證券で4年間バリバリ営業をされていた宋世羅先生です!
現在は、フリーランスで保険の営業をされています。
野村證券でゴリゴリの営業スキルを身に着けられた宋先生だからこそ話すことが出来る貴重な内容となっておりますので、営業マンの方は特に必見でございます!!

≪ 本日のテーマ ≫

営業向きの性格・資質ベスト5

営業向きの性格・資質ベスト5

はい宋です。

 

今日は営業マンに向いている性格ベスト5
というテーマでお話します

 

私は、野村證券で4年間、
保険の営業マンとして3年ずっと営業をしてまして、

 

営業に向いている性格
っていったところなんですが

まず前提として

営業マンとして優秀なのと
人間として優秀なのっていうのは

 

これはまた別の話ですと

 

ここをごっちゃにすると
ややこしくなるんで

 

今日に関しては
営業マンに向いている性格
のところでよくあるのが

 

誰とでも笑顔で会話できるだとか
真面目に1件でも多くのお客様を訪問できる
みたいな

ほんまにしょうもない
忖度MAXの「高感度狙いちゃん」によって

日本が汚染
されていると

 

なのでゴリゴリの現場の真実
っていうのを
今回見せることによって

一気に浄化させようと思うので
ご説明します。

 

第5位:逆算をする

営業に向いている性格第5位が
逆算をする。

 

簡単に言うと
逆算能力が高いっていう話で

営業マンって例えば
月のノルマがあったりだとか

 

年間のノルマがあったりだとか

 

要は数字っていう
のをずっと追っていくのが
営業マンなんですけど

 

この数字の作り方がめちゃくちゃ
上手い奴がいると

 

もう職人芸みたいな感じで

 

例えば今月どのお客様で、
どのくらい契約もらって
どれぐらいの数字が上がると。

 

で、このお客様で
これだけ数字をつくって
翌月はこのお客様とこのお客様で…
みたいな。

 

こういう逆算でずっと数字を
自分の中で仮説を立てて
作っていくっていう

この計画能力というか
逆算能力はめちゃめちゃ高いんですね。

 

これを受験に例えると
1年後に慶応大学の受験で、

自分は偏差値50です。

20たらないです。

 

今から1年間で
偏差値50から70に持って行って
慶應大学に受からないと
いけないってなった時に、

 

逆算で計画を立てると思うんですね。

 

まず最初は
この単語帳を勉強して
その次この問題集をやって
この段階で偏差値55ぐらいに
なってるから

 

次こういうことをやって、
みたいな。

 

こういうふうに
逆算で計画を立てて、
自分のイメージしながら
数字をつくっていくと思うんです。

頭の中で。

 

逆算能力が高い奴っていうのは
ここの予測というか
計画がうまいっていうのもそうですし、

 

結構当てれるんですね。

 

要は予想を当てれる
という話で、

 

このお客さんは
多分契約になるなぁとか

いやーこのお客さんは
多分50%ぐらいの確率で、
契約になるかどうかわからないから

 

また別でちょっと見込み客
作っておこう。だとか。

 

こういう
逆算して頭の中で
数字を作れるって言う
やつがいるんですね。

 

イメージで言うと
プレステ7のソフトを
今から作るみたいな。

 

もう
翌月まで全部
頭の中で描けてるっていう奴。

 

これが第5位です。

 

第4位:相手の考えていることがわかる

営業に
向いている性格第4位が

相手の考えていることがわかる。

 

これはイメージつきやすい
人も多いと思うのですが

要は相手がですね
今ちょっとこの話題で
面倒くさそうにしているだとか

この話題ちょっと響いてないなと

こういう話したらちょっと嬉しそうにしたぞ
とか

こういう相手の感情を分かる人と分からない人がいます。

でもちろんわかる人が営業に向いているという話て
けっこうこれは私一番鍛えられるのが合コンだと思ってるんですけど

要は目の前に座ってる女の人がですね

面白くなさそうにしているのか

それとも本心から
面白いと思ってくれているのか

こういう話題をして今どういう反応してどう思っているのかっていう

ここで相手の気持ちがわかるのか分からないのかといったところなんですよね。

もちろん
分かりやすい形であればいいんですが

例えば気持ち悪い男が合コンで目の前に座ってる女の子に対して

俺慶応大学出身なんだよっ
ていうふうに

聞いてもないのに
自分から言ったとすると

この時に女の子が慶応大学なんですねすごい
っていう風に言った時に
本当にすごいと
思っているのかそれとも心の中では
なんか気持ち悪いなというふうに思っているのか

この辺りは、
要は表面的なところと本心
だと思ってるのかっていう
この相手の考えていることというか相手の気持ちっていうの
を本当のところで感じ取れる人っていうのは
営業に向いているんじゃないかなと思います

これが第4位ですね。

第3位:探求心がある

営業に向いている性格第3位が
探求心がある。

簡単に言うと知的好奇心があるというか
知的向上心があるみたいなイメージで

結構できる営業マンの特徴として
例えば仕事が終わってからも
他の営業マンとかと
商品の話をしたりだとか今日面談したお客様の話をしたりだとか
営業について何かあーだこーだってずっと言ってるんですね

まぁ簡単に言うと仕事が好きというか営業が好きというか

こういう人達って
仕事が終わってもずっとお客様のことを考えてますし
どうすればあの契約できなかったお客様をどうすれば良かったのかみたいなところに
ついてずっと考えてるんですね

休日もずっと考えてると。

で、これを例えるなら、
野球選手がグラウンドから
離れた後でも家に帰ってシャワーを浴びた後に
ずっと自分のバッティング
フォームについてあーだこーだ考えたりだとか
いろいろ調べたりだとか
なんかもっと良くなるバッティングフォームを自分で研究するみたいな
こういう人達っていうのは営業マンでも優秀です。

逆に優秀じゃない奴っていうのは
仕事終わればもう終わりみたいな

お客様の話もしないですね。
まあ興味がないというか
なんかあんまりそこについて考えないと

出来る奴ほど色々いろんな人に聞きまくるっていう話で
いろんな先輩とかに
こういうお客様で私全然ダメだったんですけど
先輩ならどういうアプローチしますか
とか
後輩とかにも、
この商品をお前だったらどういう風にセールストークする?
みたいな感じで、めちゃくちゃ聞きまくるんですね。

で、
めちゃくちゃ吸収しようとするんですよね。

何かいいやり方があるんじゃないか。とか、
何か向上できるネタはあるのか。
みたいな感じで、
そこの探求心が強いっていうのがあります。

これが第3位です。

第2位:自分のことをすごいと思ってる

営業に向いている性格第2位が
自分のことをすごいと思ってる。

まあ簡単に言うと自分のことを信じて疑わないみたいな感じで

もう世界操れるんじゃないかと
本気で思っちゃってるみたいな奴です。

こういうふうに思って奴っていうのは営業マンとしてむちゃくちゃ強くて

ここからちょっと営業あるあるというか
私の経験談の話になるんですが

よく
一般の方が誤解されるところで、
例えば優秀な営業マン=清潔感のある見た目で笑顔が素敵でシュッとしている
爽やかイケメン営業マンみたいな感じで
イメージされる方も多いと思うんですが

けど実際、そういう営業マンはまあいることはいるんですけど、
現実はそうじゃなくて

例えば
ちっちゃくて体形もめちゃくちゃデブで
顔もブサイクです。みたいな。

こういう人がむちゃくちゃ優秀な
ブルドーザーみたいなスーパーセールであったりというのはあるあるです

こういう人達ってもう自分を信じて疑わないんですね
営業もそうなんですがなんか
女性にめちゃくちゃモテると思っていると。

そういうチビのデブのブサイクの営業マンが本気で俺、長澤まさみと付き合える
みたいなことを普通に言ってるんですよ

俺だったら女優で
も口説いて絶対付き合えるからみたいなことを本気で言ってると。

こういう自分のことを信じて疑わない奴というのは
本気でそういうふうに思ってるんで
例えば
めちゃくちゃ大物の難しい社長がいた時に
普通の人なら
いや俺の実力ならちょっと無理ちゃうかなーみたいな感じで
思っちゃうところが
自分にできないことはないっていうふうに本気で思ってるんで
俺がやればできるというふうに本気で思ってるんですよね。

なので限界を知らないというか
できないことがないと思っているというか

なので自分の自信
を失うこともないですし

契約取れない相手はこの世にいない。
みたいな
こういうふうに思っちゃってますと

なので実際難しそうな相手だとか難しそうな案件に対してもどんどんどんどん
チャレンジしていくと

自分で可能性を狭めることをしないので
ガツガツいって結果やっちゃうってやつですね

この
自分のことをすごいと思っていると
で、それを信じて疑わない奴っていうのは営業マンに
向いている性格なんじゃないかなと

これが第2位ですね。

第2位:負けず嫌い

営業に向いている性格第1位が
負けず嫌い

これ簡単に言うと
営業数字に対する意識というか
トップの称号に関してですね
異常に執着する奴っていうのがいますと

もう絶対カッコ悪いところは見せない。
何が何でもトップを取る。
でもそのためだったら少々グレーなことでも何でもやると

こういう営業マンって実際いるんですよね。

大企業の営業会社あるあるだと思うんですけど、

例えば同期が4、500人いて
毎月
営業数字で争ってますと。

で、月末の残り1日になった時って
上位5人ぐらいがもう団子の争いしてるんです

で、残り1日でそのトップ5の中の誰が
トップ取ってもおかしくないっていう状況で

こういう状況で
最終的にトップ取る奴っていうのは

何が何でも
どんなことをしてでも数字を叩き出して絶対負けないって思ってる奴が絶対トップ取るん
です。

なので私も野村證券時代の時は
こういう団子争いになった時っていうのは

もう相手を見て
あぁこいつやってくるなっていうのが大体分かっているんですよね。

そういう奴は必ず最後に無茶苦茶やっているので、
無理やり数字を出してくるという事をしてくるんです笑

こういうトップの称号だとか
とにかくカッコつけたいということに執着する奴の特徴として
いじれないっていうのがあるんですよね。

芸能人で例えると
ローランドとかGACKTとか
本田圭佑とかもこういうタイプだと思うんですけど、

カッコつけきると。
で、絶対に周りには弱いところを見せないと。

こういうローランドとかGACKTって弄れないと思うんですよ。
周りからね。

もうそういうキャラ
じゃないしもう行き来ってるんで、
カッコ付き切ってるんで。
っていう、まあそんなイメージです。

まあよくこういう人たちのことを契約マシーンだとか
数字のために何でもするみたいな感じで馬鹿にする人は多いと思うんですが

私は結構こういう人たちをすごいと思ってて、

自分はそうなれないからなんですけど。

で、何がすごいかというと
逃げを作ってないですね

こういう人たちって。

普通は、頑張ってトップ取れなかったら仕方がないって
いう風に思っちゃいますし

なんか自分から自虐というか弱みを見せて

ちょっとヘッジしに行こうとするんですけど

こういう人たちというのはそういうことを一切せずに
カッコつけ切るんですよね。

その覚悟がすごいっていう話で

普通の人はなかなかこの超一線でやり続けると
いうか逃げを作らないで
勝負を張り続けるっていうのが耐えれないので

なので私は結構すごいと思ってるんですけど

こういう超負けず嫌いというか
トップの称号に異常に執着するっていうのが営業に向いている人の特徴第1位です。

まとめ:営業に向いている性格ベスト5

まとめると

営業に向いている性格ベスト5は
第5位が逆算をするっていうところで
自分の頭の中で計画をずっと練ると。

で、それが今月の数字だとか来月、再来月ぐらいまで
全部数字が見えてるってやつです。

この逆算能力が高いというのが5位です。

4位が相手の考えていることが分かると言ったところで
相手の感情の機微を察知できるという。

まあ察知能力ですね
これが第4位です。

第3位が探求心があるって言ったところで
デキる営業マンほどのいろんな人に聞きまくると

それは何故かというと
自分の知的好奇心があるというところで、
加えてお客様の話もよくしますし商品の勉強
も良くすると。

これが第3位です。

で第2位が自分のことをすごいと思っていると

なんでそうなったのかわからない
レベルで自分のことを信じて疑わないっていう奴がいますと

極端な話、営業でももちろん
そうですし女性に対してももちろんそうですし
他の仕事をやっても俺はナンバー1になれるみたいな感じで
思っちゃってると

で、これがバカなのか
無理やりそういう風に思い込んじゃってるのか
まあこのあたりは永遠の謎なんですけど

ただ、自分のことを信じて疑わない。
自分にできないことはないl
と本気で思っちゃってるという奴が第2位です。

第1位が負けず嫌いって言ったところで

数字に対する意識だとか
競争に負けたくないだとか
絶対に格好悪いところは見せない
というこの意識が異常だっていう話で
プライベートを全部0にしたとしても絶対にトップを取ると
実際こういうふうに思って奴っていうのはいるっていう話ですね。

これが第1位です。

以上です。

≪ 参照元の動画・記事 ≫

営業向きの性格・資質ベスト5

≪ 講師のSNS〔フォロー必須〕 ≫

宋世羅先生

※タップして反応が無いアイコンは、先生が利用されていないSNSです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました