プロのトレーダーが絶対やらないたった1つのこと

プロのトレーダーが絶対やらないたった1つのこと 全ての記事

どうもSaiです

今回は
全トレーダー必見の内容です

プロのトレーダーが
絶対にやらない
たった一つのこと

ということで

今回は
投資をする上での
真理であり

超ウルトラミラクルを超えて
アルティメットレベルで
大切なことです

同時に
勝てないトレーダーの大半が
陥ってしまっている罠です

そしてさらに
あなたもおそらく
現在進行形で
やってしまっている確率が高いです

今日はそんなお話を
ご紹介していきたいとおもいます

今後こういったトレードを
やらないと約束すれば
確実にトレーダーとして
いい方向に動きだすし

トレードだけで
生活できる可能性も
高くなります

今回はトレードライフを
続けていくうえで
プロトレーダーの鉄則のルールを

米著名トレーダーの考察と
僕の18年間の投資経験を
踏まえた上で
解説していきたいとおもいます

ちなみに過去の動画でも
初心者の方がいきなり
損失を出さない方法や

心理の知識を生かした相場で
利益を上げられるノウハウ。

相場の本質の部分もお話しているので

まだ投資を始めて間もない方や
これから投資を始めようとしている方も

是非過去動画も一緒に
観ていただけると嬉しいです

で、ちょっと皆さんも
一緒に考えてみて頂けたら
うれしいんですが

率直にどういう人が
勝っているトレーダーだと思いますか

経済に詳しい人
努力家の人
あるいは勝負勘のある人

僕の身近にいる
トレーダーさんや
過去に会った色々な
トレーダーの方と直接
お話したりしてきた中で

生き残っているトレーダーさんには
共通している部分があることが
分かったんですね

それは明確なストラテジーを
持っているっていうことです

トレードにおいての戦略や
攻略あるということです

いやでもSaiさん、
そんなことはわかっているよと

でもそういった戦略を
どうやって立てればいいか
わからないし

なんかめんどくさそう。
それ頭が良くないと
できないんじゃないの?
って思われるかも知れませんが

全然そんなことはないです

相場に生き残っていて
かつ、勝っているトレーダーは

別にIQが高くて頭が良くて
勝負強さや勘がある人ではなく

トレードする上での
戦略を持っている
っていうことです

ここまでは ok ですか?

前に、トレーダーの
成長曲線については
お話したことがあると思いますが

ざっくり言うと、
初心者のころは
知識をつけていくと
少し収支が上向いてきたりします

でもある時を境に
勉強してもうまくいかず
むしろ知識をつければつけるほど
収支が悪化してきたりもします

というより
だいたい収支は悪化します

これは一般的なことを勉強して、
悪い意味で
常識脳になってしまい

トレードの仕方が周りに多くの
トレーダーと同じになってしまう

つまり大衆の一員になってしまい、
負けるべくして負けている
といった状態になってしまうからです

で、
トレーダー階級ピラミッドの
一番上の、投資家としての
レベルが上がっていけばいくほど

その人数は
減っていきますよね

悲しい話ですが
実際は、
まともに勉強する人も少なく
初心者の方が一番相場から
退場してしまう確率が高い

下に行けば行くほど
退場する確率が高く、
上に行けばいくほど
退場確率は低くなっていきます

先ほどお話した
トレードを行うにあたっての
ストラテジー、戦略や攻略のある
人の割合が

下へ行けば行くほど少なく、
上へ行けば行くほど高くなっていきます

上級者には
投資の戦略や計画が
しっかりとあることが多いですね

先ほどの成長曲線の話に戻ると、
勘違いしないように
先に言っておきますと

勉強とかドラクエとかの
RPGみたいに

勉強した分だけ、
頑張った分だけ、
綺麗な直線で
成果や結果が出るとは限らないです

むしろ投資の場合は
結果が出ないことが多いです

現実はこうなんです。

これが相場の
残酷な部分で、

頑張ったら頑張った分だけ
成果が出るわけではないというか

最初の頑張りは
成果に繋がらないことが
多いです。

まあでもビジネスなんか
そういったことは当たり前ですよね

ずっとひたむきに
営業を続けていても
全然成果が上がらなかったのに

ある日を境に突然成績が
上がりだしたみたいな

鳴かず飛ばずの時期は
必ずあります

3年間、
鳴かず飛ばずにいる鳥は、
ひとたび飛ぶと天まで上がり
ひとたび鳴けば
人を驚かす。

といった
たとえがあります。

土壌に潜っている時期が
長いということですね

イメージで言うと
セミみたいな感じです

年単位で低迷期が
続いてしまうこともあります

特に相場の世界では
これが顕著に見られます

ちなみ土の中に潜っている
期間はツクツクボウシは1~2年。
アブラゼミは2~4年。
クマゼミは2~5年。

そしてなんと、
ニイニイゼミは4以上。

勉強しても勉強しても
収益が上がらなくて、

自分のやってることは
間違っているんじゃないか。

自信がなくなり
モチベーションが
低下してしまうがゆえに

それが多くのトレーダーが
退場してしまう原因でもあります

でもみなさんは大丈夫ですよね

もうこのファクトを
既知の情報として
知ったことで

成果が出ない間も
耐えることができます

先ほどのピラミッドの話で、
うまくいけばいくほど
戦略を持ってしっかりとした
計画性のあるトレードしている。
っていうお話をしましたが

そもそも計画性のある
トレードって何っていうこと
なんですが

今回言及することは
難しいプログラミングを使ったり
子細な分析データを集めたり
といったことではないです

上に行けば行くほど
計画性があり
さらに退場するトレーダーも
少なくなる。

そして下に行けば行くほど
退場するトレーダーが多くなる。

この根本的な原因は何か。

これが今回一番伝えたいことで

プロのトレーダーが
絶対にやらないことです

それは資金を無理に
増やそうとしていない
っていうことです

確かに
緻密に計画性のある
トレードすることは大切です

でも
そういったことの
根本として重要なことは

資金を無理に増やそうとして
いないっていうことなんですね

資金増やそうとする
ということは
その分資金多く
リスクにさらすっていうことです

短期的に資産を
増やそうとすればするほど
短期的に資産が
減る確率が高くなります

つまり資産を増やそうとする規模を
増やせば増やすほど
退場確率が上がるということです

多くのトレーダーは
勝負のタイミングが
間違っています

トレーダー階級のピラミッドでは
上に行けば行くほど
知識量も増えてきて
スキルがついてくるのは
間違いないんですよね

逆に言ったら
下の方は知識もスキルも
全然ないです

でも多くのトレーダーは
勝負を急ぎすぎてしまうし

下に近づけば近づくほど
勝負を急でしまう傾向があります。

知識が乏しく
スキルもない状態では
極力資金をリスクに
さらすべきではないんですが

実際には勝負を
してはいけない人ほど
多くの資金をリスクに
さらしていることが多いです

具体的な結論として
現状のスキルが
中級者を超えて限りなく
上級者に近づく辺りまでは

投資資金は
50万円以下がいいです

スキルがついて
自身がつくまでは
本格的な資産運用は
後回しにした方がいい
ということですね

そして具体的な
アクションプランとして

1つ目が
最初の1年間は
利益を考えない。
度外視する。

2つ目が
取引回数を減らす。

3つ目は
LOTを下げる。

1つ目はそのままの意味なので
割愛しますが

2つ目の取引回数を減らす
については

トレードだけをしていても
上手くはなりませんし
回数が増えると忙しくなって
勉強する時間が少なくなります

常にトレードしている状態だと
それだけで頭が
いっぱいいっぱいになって
トレードを振り返ることができません

スプレッドなどのコスト、
手数料もかさみますし、

常にポジションを持った状態だと
それが気になって
勉強に集中できない節もあります

ノーポジの状態で落ち着いて
書籍などを読む時間は大事です

トレードをすればするほど
うまくなるということもないし

回数を重ねるから
利益が増えるわけでもないです。

むしろ逆です

ワン・グッド・トレード
っていう本にも
このように書かれてあります

「お金は健全な原則に従った
結果として得られる
副産物にすぎない。」

実際のチャンスは
そうそうあるものではないので

トレードタイミングは厳選して、

特に初期の頃はできるだけ
取り引き回数を絞って
コストを抑えることが
ベストの選択肢なんですね

そして3つ目、
LOTを下げる
ということです

チャンスが来ると
ここぞとばかりにリスクをとって
勝負に出てしまう人がいますが

本当の勝負は
自信がついて上級者に
なってからで大丈夫です

50万円以下の資金を使って
いかに経験を積むことができるか。

そのお金を
どのぐらい増やせるか。
というよりは

そのお金で
どのぐらい相場を学べるか。

相場に学ばせてもらう気持ちで
トレードをしていくことが大事です。

そのためには
最初の1年間は利益を考えず、

下手にトレード回数を増やすことなく
LOTを最小限にして
取引していくことが大切です

これらを徹底するだけで
ほぼほぼ退場リスクは
ゼロにできますので、

その間にトレード経験を
重ねていけばいいだけです

繰り返しになりますが
本格的に資金を入れて
勝負をしていくのは

限りなく
上級者になってからです

特に
トレーダー階級ピラミッドの
真ん中の中級者の時に、
勝負をかけることは
絶対にやめたほうがいいです

先ほどお話した
少し知識をつけた状態
でのトレードは

非常に負けやすくなるので
注意していただければと思います。

で、どうしてこんなことが
起きてしまうか
っていうことなんですが

こういったエピソードがあります

短期的にお金を増やしたい
といった心理的な問題に
ちょっと触れていきます

ちょっと前に、
資産9兆円の投資家の
ウォーレン・バフェットさんに

Amazonのジェフベゾスさんは
ある質問をしたんですね

「あなたはすべての手法や
投資銘柄を公開しています。
それなのになぜ
誰もあなたのやり方を
真似しないんですか?」

ウォーレン・バフェットさんは
こう答えました

「ゆっくり金持ちに
なりたい人なんていないからだ」

まさにこれですよね。

ウォーレン・バフェットさんが
CEOを務める
バークシャーハサウェイの
投資の運用成績は
21%程度です

これは投資手法や
スタイルのお話では
あるんですが

結局のところ人間は
短期的にお金を増やしたり
手っ取り早くお金を
増やしたかったりするので

どうしても
短期っていう言葉に
魅力を感じてしまいます

逆に、確実に
お金を儲けられるとしても
10年とか20年後の未来は
イメージしにくいんですね

10年後の100万円より
明日の1万円みたいな感じですね

でも分かります。
僕も昔はそうでした

リスクの高いトレードも
たくさんしてきました

でも別に
それをしてもいいんです

ただ投資を始めたばかり
って言うのは
質の高いトレードするのが
難しくなってくるので

そういった勝負は
しっかりと実力をつけてから
にすべきだということです

スキルの乏しい時に
多額のお金を運用する
なんていうのは

何も訓練せずに
戦場に向かう兵士
のようなものです

しっかりと技術を身に付けて、
死なない工夫をして、
勝算のある状態にしてから
出撃すべきなんですね

短期的に勝つことよりも
長期的に勝つこと。

そのためには
刹那的な成功を目指すより

自己の成長を目指す方が
最終的に勝つトレーダーになる
確率は高くなります

お金にこだわると
トレードを感情に支配される
っていうデメリットもあります

一つ一つのトレードに
一喜一憂して、
メンタルが乱れ、

しなくてもいいトレードをしたり、
連敗をしたりすると
それを取り戻そうと

いちかばちかの
ギャンブルトレードを
してしまったりもします

そういう類のトレードからは
学ぶべきものがないです

資産を増やすことに
コミットしてもいいことは
正直一つもないんです

お金は
健全な原則に従った結果として
得られる副産物にすぎない。
でしたよね

お金を増やすこと、
最初は一切
考えないでいいです

資産が増えなくても
気にしない

そしてあせらない。

結果が出ない時間を
いかに我慢できるかが
投資では大切なことで、

それが難しいところでは
ありますが

資産が増えないっていう
その期間を耐えることも
できたトレーナーだけが
最終的に勝つトレーダーになれます。

まだまだ僕も、完璧なトレードは
10回に1回くらいしか
できないし

これからも皆さんと
一緒にこのYouTubeや
他のオウンドメディアを通して
一緒に学んでいきたいと思うので、

ぜひこれからも
よろしくお願いします

ということで
今回の動画は
以上となります

初心者の方が
いきなり相場で
損失を出さない方法や

僕の18年間の
投資経験をもとにした
原体験なんかも
多く取り入れながら

心理学を使って
分かりやすく、
かつ実戦で使えるものだけを
日々配信しています。

ということで
最後まで
ご視聴ありがとうございました

また別の記事でお会いしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました